2017-08-30

「荒川いかだ下り」寄居町の魅力一番は荒川ですね!

正喜橋から、玉淀大橋から、川を覗いた経験がありますか?はるか下に澄んだ川を望
むことができると思いますが、川岸ではなく、川の流れに乗っかって町を眺めたら、
どんな発見があるのだろう-そんな想いから始まったいかだ下りも、今年で22回目
を数えます。

寄居のど真ん中を流れる荒川は、時が止まった様に静かなところあり、嵐のように荒
れ狂う流れあり、まさに人生の縮図だ~。あなたも夏のひとときを、自作のいかだ
で、流れに身をまかせて見ませんか?(荒川いかだ下りHPより)

先日8月20日「第22回荒川いかだ下り」が開催される予定でした。今年は8月に
入ってから天候に恵まれませんでしたが、前日には何とか開催できる状況になってい
ました。ところが前日夕方から降り始めた雨は夜には豪雨となり、当日の荒川は濁流
状態でした。無念でしたが、自然の力には無力であり、「第22回荒川いかだ下り」
は中止となりました。また来年よろしくお願いします。(荒川いかだ下り実行委員会談)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です