県内外から多くの方が訪れる
季節を問わない人気スポット
「かわせみ河原」

関越自動車道花園ICから車で約10分。
バーベキューやキャンプ、カヌー、釣りなど様々なアクティビティを通して、自然を堪能することができます。
特に夏になると、グループや家族連れで賑わい、活気に満ち溢れます。

かわせみ河原とは


かわせみ河原は、寄居町の中央部を流れる荒川の河川敷の名称です。関越自動車道花園ICから車で、10分ほどで着くことができます。

かわせみ河原は季節を問わず楽しむことができるエリアで、県内外から多くの方が訪れます。バーベキューやキャンプ、カヌー、釣りなど様々なアクティビティを通して、自然を堪能することができます。特に夏になると、グループや家族連れで賑わい、活気に満ち溢れます。

かわせみ河原のすぐそばには、埼玉県立川の博物館があり、川の博物館で荒川の歴史や知識を学び、かわせみ河原で本物の川を体験すると、何倍も楽しくかわせみ河原を満喫できるはずです。

かわせみ河原 ご利用案内


営業時間午前9時から午後5時まで
定休日毎週水・木曜日
利用料金
(環境美化協力金)
徒歩:100円/日
二輪車(自転車・バイク等): 300円/日
乗用車(キャンピングカー等): 500円/日
マイクロバス : 1,000円/日
トイレあり
駐車場あり 収容可能台数400台

埼玉県立 川の博物館


かわせみ河原に隣接する川の博物館は、多くの人たちの「川について広く公開する博物館を作りたい」という声を受けて、「埼玉県立川の博物館」が誕生しました。

川の博物館では、さまざまな体験学習を通して、川についての知識や地域の人々との関わりを学ぶことができます。特に日本一大きな「大水車」「荒川大模型173」「大陶版画」の3つは、どれも迫力満点です。

本館では、荒川を使って物資の輸送に使われた荷船や鉄砲堰(人口のダム)の模型、川を下る疑似体験を楽しめるアドベンチャーシアターがあります。

他にも荒川わくわくランド(ウォーターアスレチック)では、子供たちが、さまざまな遊具を遊ぶことで、水の化学的性質(流力・浮力・抵抗)や治水・利水を楽しみながら学習することができます。園内にはレストランや休憩ホールを内包するレストハウスがあるため、一日中遊ぶことができます。

川の博物館は、川を体感する博物館です。大人でも充分楽しむことができて、新たな発見を得ることができますので、是非一度訪れてみてください。

埼玉県立 川の博物館 ご利用案内


開館時間午前9時から午後5時まで
休館日月曜(ただし、祝日や振替休日、県民の日は開館)・年末年始
観覧料一般の方 : 410円
学生・高校生 :  200円
中学生以下 : 無料
駐車場普通車 : 300円
バス : 1,030円

かわせみ河原 埼玉県立 川の博物館 アクセスマップ


TOP